So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

先入観 [所長の部屋]

突然ですが、辞書が好きです。
特に三省堂の新明解国語辞典が大好きです。
新明解は言葉への思い入れが痛烈で、たとえば『読書』を牽くと“想いを浮世の外に馳せ精神を未知の世界に遊ばせたり人生観を確固不動のものたらしめたりするために時間の束縛を受けることなく本を読むこと”とあり、念を入れるように括弧書きで(寝転がって漫画本を見たり電車の中で週刊誌を読んだりすることは勝義の読書には含まれない)と続いています。

なぜ突然辞書の話かというと、日本語辞書の代名詞ともいえる広辞苑の改定があったという話題を耳にしたからです。そのなかで、『肌色』という言葉についての説明が変わった、と。

肌色ってまあこんな感じの色、というのは皆さんそこそこ共通してあるのだろうけど、果たして実際の人の肌の色がみんなそんな感じの色かって言ったら違うよね、だから最近この言葉は色の名称としては使いませんよ、ということのようです。

当を得た話だと思います。個人的にもわたくしは自分が色盲だものでちっちゃいときから肌色ったってわかんねーよと思っていたので、なんとなくすっきりという感じ。

なんでこの話をブログに書くのかというと、これってつまり『なんとなく自明のことであるかのように感じるけど、実はその根拠となっているのはただの先入観に過ぎない』という事象で、そのことに気づかされる場面がこないだ自分にもあったからです。

横浜能楽堂というところがあって、毎年『バリアフリー能』という催しがあるのですが、そこの職員さんを対象にした障害理解および能の舞台鑑賞における知的障害者に必要な配慮を学ぶっていう研修会の講師を申しつかっていて、その打ち合わせでのこと。

『能』という芸術表現があって、その面白さや素晴らしさが知的なハンディがある人たちにどうやったら伝わるだろうかっていうのがお題だったのですが、どうもうまいことまとまらない。

いろいろ考えているうちにふと気づいた。よくよく考えてみればそもそも能が面白いとか素晴らしいとかっていうのは別に自明のことではないよね。能が面白いか、素晴らしいかっていうのはそれを観た人の心の動きにかかっているのに、あたかもそれが了解済みの事項であるかのように考えてそこを出発点にしてたからうまくまとまらなかったんだな。

そうなると、どう伝えるのかとかいうテクニカルな話よりも『どういう環境設定や配慮があったらその場を楽しむことができるのか』なのだろうな、と思いました。

で、そう思って改めてバリアフリー能のあらましをうかがってみたら、面白ければ笑っていいし怖かったら泣いていいしつまんなかったら出て行ってもいいのだと。

じゃあ、別にないんじゃないかな、改めて必要な配慮なんて。

さすがに『別にありません』では研修にならないので、いろいろとお話はするのだろうと思いますが、どうも筋や答えがはっきりしない、しゃべる側も聴く側もスッキリしない研修になりそうです。でも、実はアート領域の人ってこういう出口のない禅問答には意外と親和性があって、障害児者支援の適性が高いのではないかと思ったりもします。むしろ『福祉系』の人のほうが筋や答えを欲し過ぎるきらいがあるような…


ちなみに色の名前にまつわる個人的な疑問はほかにもいろいろあります。茶色がお茶の色なら紅茶とか緑茶ってどういうことなんだ、とか。そもそも赤と緑がわからない人に対して『それって赤に見えてるの?それとも緑に見えてるの?』っていうのが自家撞着だって気付いてほしいですね。

それはそれとして、しもごうまつりの準備は着々と進んでいます。
P1160022.JPG


nice!(0)  コメント(0) 

謹賀新年2018

年が明けました。

今年もみんなで盛り上がっていきたいと思います。

総合支援法の中間見直しとか、障碍者プランの中間見直しとか、移行支援補助金の見直しとか、そういった点でも『みんなで』盛り上がっていく必要がある年になりそうです。

それはそれとして、1月っていったらコレです。

P1090022.JPG





nice!(0)  コメント(0) 

読書読書読書 [所長の部屋]

インターネットって便利だな~と思うのです。

何がかと言うと、本屋さんには売ってなくて取り寄せしてもらわないと手に入らないような本がポチっとするだけで届くのが、です。

本を読むっていうのはすごく大切だと思います。
鵜呑みにしてしまうのはよろしくないと思いますが。

しもごうにも本はいろいろ置いてあります。
PC210021.JPG

おすすめはなんと言っても中央の水玉模様の本。

大事なことがいっぱい書いてあります。

nice!(1)  コメント(0) 

大切なこと

日増しに寒さが厳しくなってまいりました。お菓子の家akaヤンキーバーガーでの撮影は快調に進んでいるようです。

先週の金曜日に内部研修を行いました。今回のテーマは『アスレティックトレーナーに学ぶけがや体調不良の予防・見立てと初期対応』。

PC150027.JPG

研修っていうと制度とか支援技法とかいうイメージがありますが、活動ホームしもごうは『人が集まる場』なので、そういった専門領域だけでなく防災であったり防犯であったり、あるいは今回のような救急であったりいろんなことを身に着けている必要があります。

講師にお招きしたのは日本体育協会公認のアスレティックトレーナーである浅井隆之先生。トレイルランニングやトライアスロン、MTBレースやオープンウォータースイミングなどハードな屋外競技での救護活動がお仕事で、そうした現場で体験した様々な身体トラブルへの対応をもとに、アスリートのためのトラブル予防・セルフレスキューの啓発活動も展開しておられます。

出血への対応にはじまり、打撲や転倒、脳震盪、熱中症、低体温症に虫刺されと、現場で起こりそうなことについてひと通り学びました。すごく印象的だったのは、頭部からの出血を例にとって『頭から血が出ているとその現象そのものにフォーカスしてしまうけれど、実は“なぜ出血しているのか”という原因との因果関係をたどるのが大切』ということ。そのことに付随して『いきなり頭から血を流してる人を見たらびっくりしちゃうから、あらかじめ“頭から血を流してる人が来るかもしれない”と想像しておくことが大切』というのも。現象にとらわれずその背景を掘り下げること、あらかじめ様々な状況をシミュレーションしておくこと。どちらも健康トラブルへの対応にとどまらず、障害福祉の現場にいる者として非常に大切だし基本的なことだと思います。

アスレティックトレーナーっていったら競技スポーツの現場にいるのが標準的な仕事で、スポーツジムとか、プロのチームや大学の体育会なんかが職場になるわけで、障害福祉施設での研修っていうのはなかなか視野に入ってこないはず。でも、じつはその専門性とか知見の有効性っていうのは別にスポーツの現場に限らず色々なところで求められる内容なのだと思います。浅井先生の素敵なところは、そのことを自覚的に意識して、社会全体の役に立つのがアスレティックトレーナーのあるべき姿であるという姿勢を持っておられることだと思います。自らの専門性を発揮することで、シリアスな競技者だけでなく誰もがスポーツを安全に楽しむことができる社会を作ろうという志を感じます。

この姿勢は我々にとってもとっても大切だと思います。狭い意味での現場だけに視線を向けるのではなく(もちろんその視線は大切ですが)、自らの専門性を発揮することで誰もが安心して豊かに生きられる社会を作ること。自分たちの専門性を『障害者』だけに向けるのではなく社会全体に向けること。そのことの大切さを、改めて教えられる場でした。ありがとうございました。

浅井先生のプロフィールや活動についてはこちら(←クリックするとリンクが開きます)をご覧ください。





nice!(1)  コメント(0) 

撮影中 [時事]

しもごうの近くにおいしいケーキ屋さん(その名もずばり『お菓子の家』)があって、会議のお茶請けなど時々買っています。テラスにイートインスペースもあって、戸塚町とは思えないおしゃれっぷり。

ところが、先日仕事帰りに前を通りかかったら、なんと、ハンバーガー屋さんになってるじゃないですか。開業準備中みたいなかんじで、あたふたと人が動き回っていました。

がーん。

ハンバーガー屋さんも悪くはないけど、その場でクリームを詰めてくれるシュークリームが食べられなくなってしまったのか…

次のふたたび日通りかかったら、ものすごい人だかり。おお、オープニングか、まあそれならそれでハンバーガー食べてみようかな、でも今日はわちゃわちゃしてるからちょっと落ち着いたころ合いを見計らって、と思って通り過ぎました。駐車場にフェラーリ360モデナ(ベタな赤)が停まってて、おお、オーナーはやり手青年実業家のようだぞ。

そこで、第2しもごうと保育園との交流以来顔見知りのお母さんとばったり。で、“あ、甘糟さん、見ました?”って。

ああ、ハンバーガー屋さんですよね、お菓子の家じゃなくなっちゃったんですね、と答えたら、
“いやいや、あれドラマの撮影ですって、ほら、この番組みたい”といってスマホの画面を見せてくれました。どうやら『ザ・ブラックカンパニー』というドラマのようです。件のフェラーリはその中で会社社長役の速水もこみちさんが乗っているという設定のようです。

まさかこんなところで撮影なんかやっているとは。とにかくあのシュークリームをこれからも食べられるんならよかった。




nice!(0)  コメント(0) 

工事中 [日常]

ただいま活動ホームしもごうはスプリンクラー工事中。あちこちからケーブルやらパイプやらがぶら下がっています。
PC110022.JPG

PC110021.JPG


メンバーのみんなが仕事なんかしてるときに屋根裏から“15番~!”とか“はいオッケー!”とか声がしてちょっとびっくりします。

こんど上がってみようかな。



nice!(0)  コメント(0) 

続;包括ケアってなんだ? [所長の部屋]

いよいよ12月に入りました。今日は寒いです。

先日のブログに書いた包括ケア説明会の件、区役所のお世話になっている係長にお尋ねしたらご丁寧に資料を送ってくださいました。

中身を見たら、視野に入ってるのは完全に高齢者のみ。いろいろ調子のいいことが書いてありますが、要するに社会保障費(介護保険費)の圧縮と公的責任の後退ということなんだろうな、と思います。計画素案の表紙に『避けられない超高齢社会』とか書いてあって、これ平均寿命を超えて長生きしておられる方がご覧になったらどんな風に感じるんでしょうか。

ていうか、対象を高齢者に限定した包括的なケアっていうのは本当に包括的なんでしょうかね。

かと言って『我が事丸ごと』とか意味の分からないごちゃまぜの丸投げみたいなアイデアっていうのもそれはそれで勘弁してほしいのですが。

直前の記事の再掲ですが、『大きく分けると、生活基盤を支える所得保障、医療、介護、障害者福祉、教育、保育などは基本的に国や自治体の責任でしっかり行うべきもので、そこが不十分だと問題は解決しません。(略)税金で行う「公助」と社会保険による「共助」だけでできない部分を住民同士の「互助」で補うのであって、逆ではありません』であり、『まずは、行政責任による給付と公的制度によるサービスをきちんと確保する。それだけでは不十分な人的かかわりを中心に、福祉を充実させる「上乗せ」の取り組みとして総合的な相談支援体制や住民による活動を推進する。それには費用もかかる。そのように考え方を整理すべきだと思います』です。

コミュニティを歳出削減の道具に使ってはいけません。


nice!(0)  コメント(0) 

包括ケアってなんだ? [所長の部屋]

すっかりご無沙汰してしまいましたが、しもごうは毎日ボチボチやっております。

突然ですが、出勤したらとりあえずメールを確認して、グーグルのニュースサイトに『障害者』と入力して検索することにしています。だいたいヒットするのは虐待がらみ、もしくは補助金の不正受給などのろくでもないニュースです。次に『福祉』と入力して検索します。だいたいヒットするのは東北福祉大の野球部がどうしたとかそういう関係のないニュースです。

でも、時には学びになるニュースやコラムに出会うことがあって、つい最近そういう“当たり”がありました。読売新聞が運営する医療・福祉系ニュースのポータルサイト『ヨミドクター』のなかの『原記者の「医療・福祉のツボ」』というシリーズ、最新記事のタイトルが『「地域共生社会」を考える(上) 公的責任を後退させるな』。

我が事・丸ごととかいう意味不明なキャッチコピーの中身と、それにまつわる問題点についてコンパクトながら要点を押さえた論考になっています。日本において地域福祉という概念がその導入から社会保障費の抑制とセットになっていたことについてはもう少し触れてほしかったところですが、『大きく分けると、生活基盤を支える所得保障、医療、介護、障害者福祉、教育、保育などは基本的に国や自治体の責任でしっかり行うべきもので、そこが不十分だと問題は解決しません。(略)税金で行う「公助」と社会保険による「共助」だけでできない部分を住民同士の「互助」で補うのであって、逆ではありません』とか、『まずは、行政責任による給付と公的制度によるサービスをきちんと確保する。それだけでは不十分な人的かかわりを中心に、福祉を充実させる「上乗せ」の取り組みとして総合的な相談支援体制や住民による活動を推進する。それには費用もかかる。そのように考え方を整理すべきだと思います』とか、まさにその通り。(下)が楽しみです。

この『原記者の「医療・福祉のツボ」』というシリーズはとってもよくて、生活保護についての連載の中でも非常に的確で公正な論述を読むことが出来ます。

などとお前は何様だよ的な駄文ををつづっているのはなぜか。事務室のカレンダーの今日の日付に汚い字で『包括ケア説明会/区役所10:30』て書いてあるのにお昼過ぎに気付いたんです。あきらかにわたくしの字ですが、なぜこれを書いたのか。書いたということは行く必要があるあるいは行くことに意義があると考えたのだと考えられますが、いつなんで書いたんだかどうしても思い出せません。

誰か行った人いたら内容教えてくださ~い。
nice!(0)  コメント(0) 

第41回戸塚区民まつり [イベント・行事]


PA300073.JPG

というわけで、いよいよ今週末、11月3日(金・祝)に開催される区民まつり。毎年このブログでお伝えしている通り、年間を通じて自主製品の売り上げが最も多いイベント。お菓子、手漉き紙製品、手織り製品、ビーズ製品、さらに被災地の仲間が作った製品と、ことしも沢山のラインナップでお待ちしています。

例年とはイベントの構成や会場レイアウトが変わるとのことで、お客様の流れがどうなるか、楽しみのようであり、不安でもあり。

とにかく、晴れますように。


nice!(1)  コメント(0) 

続・異文化 [所長の部屋]

というわけで、こないだの続き。

まず、前提として、われわれは差別や選別を否定します。これは我々にとって絶対に譲れない価値/規範であるし、そもそも社会全体にとってもっとも基礎的な価値/規範だと思います。

そのうえで、なんで社労士さんにとってはすごい大事なことについて自分が社労士さんほど大事に思えないっていうのがすごい怖いのかっていう話です。

あなたにとってはものすごく大事なことかもしれないけれど、自分の価値に照らせばそれより大事なことがあるんですよ、とわたくしは思ったわけですが。

でももしかしたら社労士さんは“われわれは望まざる長時間労働を否定します。これは我々にとって絶対に譲れない価値/規範であるし、そもそも社会全体にとってもっとも基礎的な価値/規範だと思います”って言うかもしれません。

それに対してわたくしが“あなたにとってはものすごく大事なことかもしれないけれど、自分の価値に照らせばそれより大事なことがあるんですよ”と思ったということは、わたくしが“われわれは差別や選別を否定します。これは我々にとって絶対に譲れない価値/規範であるし、そもそも社会全体にとってもっとも基礎的な価値/規範だと思います”と言ったときに、もしかしたら誰かに『あなたにとってはものすごく大事なことかもしれないけれど、自分の価値に照らせばそれより大事なことがあるんですよ』って言われちゃうかもしれないってことですよね。

自分にとっては当たり前のことが誰かにとっては当たり前ではないかもしれない、というのは考えてみれば当たり前の話です。ですが、上記のように考えるとちょっと怖い話でもあります。差別はダメっていうのが、実は社会全体のコンセンサスを得られていないのかもな、ってことですから。

でもでも、やっぱりわたくしは差別はダメっていうのは社会の基礎的な規範であると思うし、そうあるべきだと思います。


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -