So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

福祉を創る学校

暑い日が続いています。9月頭までこの暑さが続くかと思うと気が遠くなります。

さて、今日は宣伝です。表題の勉強会に登壇することになりました。

第9回福祉を創る学校.jpg
今回のお題は医療と福祉の連携について。
障害福祉に携わる人なら一度は悩む、このテーマ。
別に人前でお話しできるほどの成功事例があるわけではないし、ドクターも交えた座談会的なスタイルなので、“なんで医者って〇〇なんですか”とか、“〇〇な医者ってどうやったら△△できるんですか”とか、思い切って直球勝負しようと思っています。

期日が迫っていますが、興味のある方はぜひお越しください。

詳細はこちら
nice!(1)  コメント(0) 

そうなるってわかってるんだからなんとかしなきゃいけない件 [時事]

先日、大阪で大きな地震があったのは記憶に新しいところ。
で、その地震にまつわる報道の中に、

『介護施設へ駆け込み 福祉避難所、開設されず』

という記事がありました。

災害→避難所開設→要援護者は“迷惑がかかるから”といって避難所に行かず→避難所に要援護者がいないから二次避難所である福祉避難所は開設されず→要援護者は孤立→福祉系が独自の動き

という流れ。

災害のたびに繰り返されるこの流れ、なんとかしなくちゃいけない。そうなるってわかってるんだから。

nice!(1)  コメント(0) 

夏野菜

7月はじめにして完全に真夏な今日このごろ。

夏って言ったら夏野菜。
P7030077.JPG

ピーマン。なかなか順調。

P7030078.JPG

なす。かなり順調。

P7030080.JPG

ミニトマト。そこそこ順調。ただし形が若干おかしい気が。

そんななか、出遅れ気味なのが
P7030081.JPG

きゅうり。まだまだこれから。本田選手流に言うなら伸びしろですね。

収穫が楽しみです。



nice!(0)  コメント(0) 

お国柄?

梅雨が明けちゃったみたいな暑い日が続いています。

今年は呉秀三っていう人の『わが邦十何万の精神病者は実にこの病を受けたるの不幸の他に、この邦に生まれたるの不幸を重ぬるものというべし』という言葉からちょうど100年になります。呉秀三は日本の精神医学の草分け的な人で、当時の精神疾患の患者さんの生活状況をつぶさに調査して『精神病者私宅監置ノ實況及ビ其統計的觀察』という報告書にまとめた人です。で、この報告書のなかに上記の言葉があるのですが、要するに自分が調査で接した精神病患者たちは疾患という不幸の上に“この国に生まれた”という不幸が重なっている、と言っているのです。その背景には『座敷牢』と呼ばれる、精神疾患や知的障害のある人を家族が狭い個室や檻に閉じ込めている無数の事例がありました。

彼の言葉から100年たって、『この国』はどのように変わったのでしょうか。このところ障害のある家族を監禁していたという事例が立て続けにニュースになりました。いずれの事件でも、家族の孤立がその背景として語られています。『世間』という言葉(最近では同調圧力という表現が流行ってるみたいです)に滲み出る線引き志向と、戦っていかないとな。

お国柄と言えば。

送迎車のなかで、ラジオを流しています。もちろん安全運行に支障がないボリュームで、です。
行き帰りっていうのはメンバーのみんなにとって街の風にあたる時間だと思ってて、なので流行りの曲とか世の中的に注目されてるニュースとかに接するのは大事だろうと。地元ネタが多いFMヨコハマが定番です。

で、メンバーのみんなが降りて、独りの帰路。EAGLE810っていうAM放送に切り替えたりしています。首都圏にいるアメリカ人、主に在日米軍とその関係者向けのチャンネル。っていっても内容は別に軍とか戦争とは関係ない、ごくこく普通のラジオ放送で、これが結構面白くて、“飲酒運転はもちろんダメだけど、日本ではドライバーが飲んでるってわかってて助手席にいたやつも車で帰るってわかってて酒出した店員も同罪なんだよ”とか、“日本では地震を『震度』っていうスケールで測るから、おんなじ地震でも場所によって表記が違うんだ”とか、ああ、それって外から見ると意外なのか、と改めて気づかされたりします。

で、こないだ、ちょっとビックリしたことにそのラジオでチャイルディッシュ・ガンビーノの『this is america』っていう曲が流れたのです。この曲はアメリカにおける人種差別とか宗教差別とか銃規制の問題とかについての強烈なメッセージだと言われていて、要するに“今のアメリカおかしいだろ”っていう曲。それが本国を離れて外国(=日本)に駐留している軍人・軍属向けの放送で普通に流れて(その前の曲はワン・ダイレクション、その後の曲はテイラー・スウィフト)DJが“なにかと話題の曲だけど、ガンビーノが現代で最も注目すべきラッパーでありクリエイターであるのは間違いないね”とか言っちゃうっていう。外国に駐留している自衛隊員向けのラジオ放送があったとして、そのラジオでRCサクセションの『summertime blues』が流れてDJが“いろいろ言われる曲だけどキヨシローの声やっぱ刺さるよねー”なんてしゃべるっていうのはちょっと想像できません。

アメリカってなんとなく独善的で支配的で(しかもややもするとそのことに無自覚で)なんとなくちょっとアレだなあと思うことも多いのですが、こういうお国柄っていうのはやっぱり見上げる部分があるな。


nice!(0)  コメント(0) 

気になること [所長の部屋]

新幹線のなかで起きた事件についての報道のなかで、容疑者をめぐって『自閉症』とか『発達障害』とかいう単語が使われていました。

大きく分けて、この報道にはふたつの問題点があると思います。

ひとつめは、犯罪についての容疑者をめぐる報道のなかでそのような言葉が用いられれば、そこに犯行との因果関係があると誤解する人がいるだろうということです。書いた側にそのような属性と犯行を結びつける意識がないとしても、読んだ人がそう解釈するということは容易に想定できます。まあそもそも因果関係と結びつかない(と書いた人が判断した)属性なら書かないだろうし。“容疑者はみずがめ座”とか“容疑者はサッカー好き”とか書かないだろう、と。(みずがめ座もサッカー好きも今回の事件の容疑者とは関係ない任意の想定です、念のため)

もうひとつ、容疑者が自閉症であったとか発達障害であったとかいうのが全くの伝聞で、事実としてそうであったかどうかの確認をしていないまま記事にしているところです。『自閉症』に関しては同居していた親戚の発言の引用でしたが、『彼は自閉症だったと親戚が述べた』ということと『彼は自閉症だった』ということの間にある隔たりをきちんと伝えなければなりません。

というようなことをつらつら考えていたら、そこらへんのことを実に明快に論じている記事をウェブ上で発見しました。『現代ビジネス』というサイトで原田隆之さんという方が書いておられる『新幹線殺傷事件「発達障害と犯罪」を強調した報道への大きな違和感』という記事です。リンクを勝手に貼っていいかどうかわからないので、検索していただければと思います。読みごたえあり。特に2ページ目。

で、同じサイトに『これから給料が「下がる仕事」「上がる仕事」全210職種を公開』っていう記事もあって、野次馬気分で覗いてみたら、これから給料が上がると予想される仕事のリストに介護・福祉系の職種がたくさんランクインしてるじゃないですか。しかも『生活支援員』なんて職種が36位にあって、注がついていて、その注を見てみたら“施設などで障害を持った人の日常生活支援などを行う仕事”って書いてあるじゃないですか。

これってつまり、要するに『標準化しにくい業務』についてはAIより人間ということなのかなと思います。標準化しにくいというのは属人化しやすいということでもあるし、手放しで喜んでいい話とも思えないんだけれど、ともかくこういったリストにのるぐらいメジャーな職種になった(まだ注が必要だけど)というのは喜んでいいのではないかと思います。
nice!(0)  コメント(0) 

言語化の難しさ [所長の部屋]

しもごうでは週に一度常勤スタッフのミーティングをしていて、月に一度は非常勤・パート・事務職も含め全体でのミーティングをしています。全体でとは言ってもシフトの関係やそのほかのスケジュールの都合で必ずしも全員が揃うわけではないので、欠席した場合は会議録で内容を確認しています。

私が入職した時に全部で6名だったスタッフが、今では約20名。こうなってくると、『共有』が非常に重要な課題になってきます。で、そのためには事象およびそれに対する見立てを再現可能な形で言語化し、それをさらに要約して文字化するという作業が求められます。これがなかなかむずかしい。

これがなかなかむずかしい、でもすごく大事なことだと認識しているから、スタッフはみんなそこに苦労しています。

こないだ、あるメンバーが冷蔵庫を開けちゃったっていうことがありました。これをただ冷蔵庫を開けたって書いても、はあそうですか、で終わってしまうのですが、大事なのはそこにどんな意図や気持ちの動きがあった(と思われる)のかがちゃんと伝わるように書くこと。手書きの申し送りメモを作りながら“う~ん、なんか違うな~”とうなっている某若手スタッフ。おお、こういう四苦八苦は成長の大きな糧だぞ、と頼もしい思いで覗き込んだら

『冷蔵軍』

って書いては消して。

・・・・・・

そうか。キミは『庫』と書きたいのだな。

それをスマホに頼らず自分でなんとか思い出すことだって成長の大きな糧かもしれないぞ。

nice!(0)  コメント(0) 

地域差 [所長の部屋]

曇り空、間もなく入梅でしょうか。

昨日、東戸塚方面に用事があって車で向かった時のこと。しもごうを出るときにちょうど雨が降り出して、けっこう雨脚が強いな~と思いながら出発して、戸塚警察の所から新道に乗ったらあんまり降ってなくて、矢沢を過ぎたら全く降ってなくて道路も乾いていて、不動坂を過ぎたらまた降っている、という事象に出くわしました。同じ戸塚区内でこんなにも違うものか、とビックリしました。

このところ家賃補助についていろいろな場面でいろいろな方とお話しする機会が重なっています。
そういう見方、そういう見え方もあるのだなぁと気づくことがいくつもありました。そのなかに家賃の相場の話なんかもあったりして、確かに横浜市っていっても中区や西区と泉区や瀬谷区ではだいぶ違うしなぁ。もしかしたら基準地価と面積を参照して上限に差があってもいいのかも、と思いますが、係数が複雑になって局が困るかな。

まあとにかく、気にしてみると細かいところで差があるものだ、と最近感じています。





nice!(1)  コメント(0) 

【追記】めざせ大逆転 [所長の部屋]

追記その①
件の署名、その後さらに133筆いただきました。これで合計814筆。
ありがとうございます。

追記その②
きぬさやスナップエンドウ論争はさらにさらに、実は両方混じっているのではないが説が浮上しています。
おいしければなんでもいいか。
nice!(0)  コメント(0) 

めざせ大逆転 [所長の部屋]

昨日はものすごい雨でしたが、今日はまるで夏のような陽気。暑いです。

先の記事でご紹介した署名活動ですが、各方面にご協力いただいて、しもごうとして681筆もの数を集めることができました。

家賃補助は横浜市の単独事業なので、市の要綱に基づいて行われています。市の要綱を変える手続きは健康福祉局長だか障害福祉部長だかの決裁で完了なのだそうで、別に議会を通す必要はない。だから、どんなに私たちが訴えたところで市がその気になればさっさと変えてしまえるわけです。681筆の署名が(横浜市全体でどれくらいの数になったのかはまだ知りませんが)それを押し返す力になれば、と思います。なんとか大逆転を目指したい。そしてたとえ大逆転がかなわなくても、10年後・20年後の後輩たちが今のことを歴史として知ったときに、やっぱり運動が必要なんだな、と思ってもらいたい。です。

ご協力いただいた皆様、どうもありがとうございました。

大逆転と言えば、スナップエンドウきぬさや論争は、やっぱりスナップエンドウだ説が再浮上。こちらも大逆転なるのか。
nice!(0)  コメント(0) 

ゴールデンウィーク明け [日常]

ゴールンウィークが終わって、しもごうにはいつもの日常が。

第2しもごうと第3しもごうのブログでたたかわれていた『この豆はきぬさやなのかスナップエンドウなのか論争』は、どうやらきぬさやですということで決着したようです。

関係ありませんが、しもごうの前をキックボードに乗って塾に通っていた小学生がいて、なんとなく挨拶する仲だったんですが、こないだ久々にしもごうの前を通りかかったと思ったら制服着てるじゃないですか。

おお、中学生になったのか!

こんちは、久々じゃん、中学校どう?って聞いたら

“めちゃめちゃ疲れる”

そういえば中学生のころって見栄張ったり自分を大きく見せたがったりでやたらと疲れたなオレも、としみじみ感じ入りました。

以上です。
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -