So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

移動情報センター推進会議 [所長の部屋]

昨日は戸塚区福祉保健活動拠点フレンズ戸塚で『移動情報センター推進会議』という会議がありました。

移動情報センターは障害がある方の『移動』にまつわる困りごとや支援について総合的に相談を受ける窓口として横浜市が区ごとにひとつ開設している相談機関で、各区の社会福祉協議会が委託されています。

で、移動情報センター推進会議っていうのはその移動情報センターの事業を推進するための会議。メンバー構成は区によって異なるようですが、戸塚区では現在のところ①健康福祉局の担当係長②区役所の高齢・障害支援担当③区役所の子ども・家庭支援担当⓸学校関係(養護/特別支援学校の教員)⑤区社会福祉協議会の事業担当⑥市社会福祉協議会の事業担当⑦基幹相談支援センター⑧生活支援センター⑨その他、という面々。わたくしは⑨枠で出走しております。

推進会議では相談の内容や対応についての報告、事業者との連携、担い手の確保に向けた取り組みなど様々な議題がありますが、個人的には『できたこと』より『できなかった/できないこと』にフォーカスすべきだろうと思っています。移動情報センターによる相談・調整では解決できないニーズや制度の構造的な問題を明らかにして、それを施策展開に反映してこそ『移動支援』を『推進』することになるはずだ、と。かつ、それにあたっては支援者であると同時に事業を運営する者でもあるという自分の立ち位置ならではの見解を述べなければ、参加している意味がないだろう、と。

で、だいたい局の係長に食って掛かる感じになってしまう。別にいちゃもん付けたいわけではないんだけど、なぜか毎回そうなる。

推進会議で毎回話題に上がるのが通学・通所のニーズ。横浜市の移動支援事業は『移動介護』と『通学通所支援』に分かれていて、なぜか後者は報酬単価が安い。前任の係長が“”通学・通所は同じ支援の繰り返しだから難易度が低い”的な説明をしたことがありますが、全く腑に落ちません。教育を受ける権利なんてほんとに人権の基礎の部分(権利を知る権利)なのに、事業者が見つからないから学校に行けないとか言語道断だと思うのです。それに対して行政ができることっていったら報酬単価を引き上げて事業者の参入を促すことぐらいじゃないですか。的なやりとりがもう何年も繰り返されていて、そのたんびに歴代の移動支援係長は“局としても現状は課題だと思っている”ぐらいしか言うことがない。ここで言われたって(しかも⑨その他枠のやつに)、その場で言えるのなんて“がんばります”ぐらいだよな、と思いつつ、やっぱり言ってしまうのです。

ところが。

昨日の会議で係長から“実は通学・通所の単価について移動介護並みにするよう来年度の予算案に盛り込んで市議会に諮っている”との発言。

やった。なんか報われた感じがする。暖簾に腕押し的な感じだったけど、実は暖簾だと思って押してたのがドアだったのか?。

別に戸塚区の推進会議での議論が根拠になったなんて誰も言ってないんだけど(ていうか実際べつに戸塚区の推進会議での議論が根拠になったわけではないんだろうけど)、とにかく言い続けたことが変わりそうっていうのはうれしいです。

しかしこれ書いちゃっていいのかな。





nice!(0)  コメント(0) 

福祉避難所 [時事]

昨日は区役所で『福祉避難所運営施設連絡会』という会議がありました。

いろんな話があったんですが、その中で、“従来の特別避難場所から福祉避難所に名称変更した”という説明がありました。

とても良いと思います。近隣の住民の方から“ここは特別な避難場所って聞いたんだけど、犬を連れてきてもいいの?”と質問された経験のある身として、この変更にはもろ手を挙げて賛成します。そもそも従来の市の防災計画の中にも特別避難場所の説明のなかで“全国的には福祉避難所と称している”と記載があって、なんでそこで横浜オリジナルに固執するのか不明でしたから。

しかし、いささか納得いかないのが担当係長の説明。“わたくしたち自身が災害があったところに応援に入る中で、これは分かりやすい名称のほうがいいと痛感したので変えました”とか言ってましたが、誤解を招きやすく意味が分かりにくい特別避難場所という名称を全国共通の福祉避難所に改めて欲しいというのは障害当事者あるいは団体からもうずっと市に伝えてきたはず。手元にある横浜市作業所連絡会の要望書にも、2016年の時点で記載されています。

さらに納得いかないのは、【一次避難(地域防災拠点)→トリアージ(選別)→二次避難(福祉避難所)】というフローに固執しているところ。このフローが現実的でないというのは度重なる災害のなかで実証されています。すでに要援護者は直接福祉避難所に避難することを防災計画に盛り込んでいる自治体もある中で(神戸市など)、横浜市にもこの部分は抜本的に見直してほしいです。

そして一番納得いかないこと。区役所に着いてから携帯電話を持っていないことに気づいて、あ、しもごうに忘れて来ちゃったと思ったのに、会議が終わってしもごうに戻ったらどこにもない。ないはずないのに。あるはずなのにない。どうにも納得がいきません。

それよりなにより、しもごうまつり晴れますように。

なんか予報が怪しくなってきた…

★1/26追記;電話発見されました。というか、どなたか親切な方が戸塚警察に届けてくださったようです。取得場所は区社協のあたりとのこと。お騒がせしました。


nice!(1)  コメント(0) 

第29回しもごうまつり開催! [イベント・行事]

こんどの日曜日、1月27日に
『第29回しもごうまつり』
を開催します。
2019ポスター.JPG

皆様、ぜひお越しください。
メンバー、スタッフ一同お待ちしております。
現在鋭意準備中。


nice!(0)  コメント(0) 

こころんがいっぱい [時事]

晴れが続く戸塚。今日も青空です。

で、青空としもごうの建物を背景に風にはためくのぼり。

DSC_0050.JPG


戸塚区の地域福祉計画である『とつかハートプラン』ののぼり。ハートプランのマスコットであるこころんと戸塚区のキャラクターのウナシーがデザインされています。

しもごうも地域福祉計画のなかで活動していますよ!というサイン。計画の策定・推進にはしもごう所長もかかわっています。

ハートプランについては戸塚区社会福祉協議会のこちらのサイト(←クリックするとリンクが開きます)をご覧ください。


nice!(0)  コメント(0) 

祝!成人! [イベント・行事]

きのうは今年成人を迎えたお2人のメンバーのお祝いをしました。
活動ホームしもごう・第2しもごう・第3しもごうのメンバーとスタッフが勢ぞろい。賑やかなお祝いとなりました。

P1100067.JPG


主役はばっちりドレスアップ。スタッフもいつもよりちゃんとしたいでたちで臨みました。
おめでとうございます。

しかし、みんなが集合するなんて、いつ以来かな~と思い返してみたら…

ついこないだクリスマス会やったじゃん。


nice!(1)  コメント(0) 

はみ出していこう。 [所長の部屋]

2019年、今日からしもごうの活動がスタートしました。
明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
1月27日(日曜日・快晴)にはしもごうまつりを開催します。みなさまぜひお越しください。

冬休みに『こんな夜更けにバナナかよ~愛しき実話』という映画を観ました。筋ジストロフィーという進行性の病の患者でありながら病院ではなく地域で暮らすことを選び、たくさんのボランティアに支えられてその生を全うした方の実話ベースのドラマです。原作が出版されてすぐに読んで心動かされた者として、どんなもんかな~と思いながら観ましたが、よかったです。よかった。ちゃんと娯楽作品として成立するんだなあ、と。
ただ、娯楽作品として成立することと引き換えに弱まってしまっている部分もあったりして、その弱まってる部分が思い入れの深い者としては歯がゆかったりしました。娯楽作品として成立するということはつまり『世間一般』にとって了解可能であるということですが、『こんな夜更けにバナナかよ』というノンフィクションは『重いハンディキャップがある人が介助者の支援を得て地域で一人で暮らす』という主人公の生き方が世間一般にとって了解可能でなかったからこそ成り立ったわけです。映画のなかでも『了解可能』からはみ出している部分がたくさんあって、わたくしはそこに制作者のメッセージを感じましたが、一方でそのはみ出し方があくまで『了解可能』なはみ出し方にとどまっている、そこに歯がゆさを感じたのだと思います(ついでに言えば原作のタイトルに【~愛しき実話】なんていうなんとなくアレな修辞をつけてたりするのも歯がゆい)。

ともかく、映画を観つつ自分の今までとこれからに思いをはせると、やっぱりまだまだ、はみ出してゆくというか拡げてゆくというか、そういうことをしてゆこう、と思いました。

同じく冬休みに『みな、やっとの思いで坂をのぼる』という本を読みました。水俣病患者を支援する団体で相談員をされている方が書いた本です。とてもよかったです。水俣病は当事者運動や支援活動という点で障害児者の問題と通じ合う構造があると感じます。
心に残る文章がたくさんありました。長く患者支援にかかわられた医師の“強いものと弱いものの中間に立って、何が中立か。本当の中立とは少数者の側に立って初めて実現する”という言葉、肝に銘じたいと思います。


nice!(0)  コメント(0) 

ご寄付 [時事]

寒い日が続いています。明日あさってはさらに冷え込むとか。

今日はヤマザキ製パン従業員組合横浜支部さまからご寄付を頂戴いたしました。

PC260048.JPG

このご寄付はもう何年も何年もず~っと続いています。
今年も、ありがとうございます。

nice!(0)  コメント(0) 

危険なバス停 [時事]

神奈川県警が、事故の起こる危険が高いバス停についての調査をしたそうで、その結果がホームページに公表された、というニュース。

危険度の高い順にA、B、Cとランキングがあるようで。

で、しもごうのメンバーのみんなに関係ありそうなところは入ってるかな?と思って目を通してみたら。

なんと、Aランクに長久保バス停の名前が。長久保っていったら活動ホームと第2しもごうの間にあるバス停、たまにみんなでお弁当を買いに行くコンビニエンスストアがあるところじゃないか。

さらにBランクには住友電工、洞窟前と2か所。いずれも大船に出るメンバーが乗る路線です。そしてCランクには細田、これは立場方面に行く路線。

いずれも思い浮かべてみれば確かに横断歩道に乗っかってたり路地にかかっていたり、危ない感じがします。どれもみんなが乗り降りしているバス停ではありませんが、あらためて気をつけようね、と話そうと思います。

神奈川新聞の記事はこちら←クリックするとリンクが開きます。

チェックしてみてください。



nice!(0)  コメント(0) 

運動だ! [日常]

運動だ!というタイトルは以前にも使いました。そのときは家賃補助の廃止案についての記事ですが、本日は文字通りの運動について。

しもごうの日中活動は作業・生産活動が中心です。なので、椅子に座って過ごす時間が長く、体を動かす場面があまりありません。

それはそれで『仕事をする』のを大事にしているということでよいのですが、やっぱり健康のためには運動が欠かせない。

というわけで、今年度からは週に一度、みんなで体を動かすプログラムを取り入れています。
で、今日は、理学療法士の方に来ていただいて、負荷か軽くて無理なく楽しくできるメニューを教えていただいています。

DSC_0052.JPG


さすがプロのご指導、みんなのりのりです。楽しそうでなにより。

nice!(0)  コメント(0) 

売ってます [イベント・行事]

先日のブログでお伝えした戸塚区民まつり、おかげさまで盛況でした。
さらに先週末10日にはご近所のベタニヤホームでのバザーに出店させていただきました。

今週は13日(火)と15日(木)に、戸塚駅東口のまるい食遊館地下1階催事場にて開催される『ふれあいマーケット』に出展します。平日で、しかも店舗の中とあって、いつもとはまた違ったお客様にご覧いただけるのではないかと楽しみにしております。

まるいイベント.jpg

うちの製品をお買い上げいただいた戸塚区のコミュニティソーシャルワークのキーパーソンKさんが、ご自分のfacebookでご紹介してくださいました。こういう拡散、大歓迎です。わたくしが不在でご挨拶できず残念でした。甘糟さんにはお世話になっております、なんてご丁寧におっしゃっていただいたようで、こちらこそです。

ただ。ただし。

接客した職員が“最近ようやく長ズボン履くようになったんですよ所長”とか言ったみたいで。

余計なこと言わないでよね。

ちなみに、お買い上げいただいたのは新作のビーズイヤリング。ちょうどいい画像がないのが残念ですが、なかなかステキです。

ぜひ。


nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | -