So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

こんにちは区役所です [イベント・行事]

戸塚区役所のホームページの『こんにちは区役所です』というコーナー、ご存知ですか?区内の様々なトピックが取り上げられているこのコーナー、最新記事でしもごうまつりをとりあげていただきました。

当日は担当部長・課長・係長の三役揃い踏み。行政からも大切にしていただいていることが感じられてありがたいです。

記事の見どころはなんといっても三役揃い踏みの写真。開会式で部長にご挨拶いただいた場面ですが、部長・課長が儀礼的にコートを脱いでいる傍らで係長が完全防寒スタイルなのがなんともユーモラス。これは伝統芸のようで、以前の係長さんでもしもごうまつりで部長・課長がパリッとしている中でひとりだけ完全に休日ファッションという方がおられました。

区役所というと何となくお堅いイメージがありますが、肩肘張らない意外な気風が感じられて、いい写真だな~と思います。

記事はこちら(←クリックするとリンクが開きます)をご覧ください。





nice!(0)  コメント(0) 

福祉的視点? [所長の部屋]

突然ですが、電車の車内広告が好きです。

テレビを観ない(うちにテレビがない)私にとって、電車の車内広告は社会の窓です。

両開きのドアの上端部分の左右にスマホで海外ドラマ観放題!っていうインターネットTVの公告があって、その更に上の部分に『子供をスマホ漬けにしていませんか』っていう進学塾の広告があったりすると、ドラマを感じます。

なかでも注目しているのが、某学習塾の『̻□いアタマを〇くする』というシリーズ。

で、今日みかけたそのシリーズがちょっと気になりました。

点字ブロックの上に放置自転車があって視覚障害者が困るっていう問題について、『福祉的視点』に立って解決策を考えなさいっていう問題でした。

問題そのものは伊藤亜紗さんという方が書いた『目の見えない人は世界をどう見ているのか』という本の一部を引用していて、そこでは“問題解決のためには『福祉的視点』が重んじられがちだが、時に当事者は不自由さを一種のゲームに変換して楽しむことで乗り越えるというしたたかさを持っている”という状況が描かれています。

まあそれはそれとして、わたくしが気になったのは『福祉的視点』の語義がどれくらい認知されているのか、という点です。というか、福祉的視点ってどんな視点なのか、実は自分でもよくわからない(自分にとって福祉的視点とはこれであるということは言語化できなくもないけど、それは果たして任意の誰かが福祉的視点という言葉を用いたときにそこに込めている意味と等しいのかどうかには自信がない)ということを改めて感じたからです。

日頃なんとなくこうだよなと思っていることも、改めて考えてみると心もとなくなるということが結構ありますね。

もうひとつ気になった(というかちょっとショックだった)こと。

この問題に引用されていた上記の本、わたくし読んだことがあります。そして結構面白かった覚えがあります。にもかかわらず、この広告を見たときにこの文章がその本からの引用だということに全く気付かなかったのです。

小さい文字が見えにくくなってきたというのは認められても、読んだ本の中身を覚えていられなくなってきたということは認めたくありません。


ちなみに、わたくしが考える『福祉的視点』とは、いろんな人がみんなそれぞれ笑って生きられるためにはどうすればよいか、というものの見方です。『いろんな人』とは言い換えればすべての人であって、『福祉的視点』なんていらね~だろ!という意見の持ち主も含めて、です。

nice!(0)  コメント(0) 

車窓から [日常]

寒い日が続いています。そして来年度の準備と監査の準備と定款の変更といくつかの研修会の準備と自立支援協議会の準備とてんかんをめぐるアート展の準備その他もろもろが重複しいる今日この頃です。

しもごうは今日もぼちぼちやっています。

送迎車を運転していると、いろんな発見があります。意外なところから富士山が見えたり、ランドマークタワーが見えたり。雪が残っていたり、梅が咲いていたり。

いろんな送迎車とすれちがいます。障害福祉関係の事業所の車とすれ違うと勝手に仲間意識を感じて心の中でサムアップしたりします。

高齢系の車は以前からたくさん走っていますが、最近は放課後デイサービスの送迎車もよく見かけます。高齢系に比べると障害系は名前が個性的なところが多い感じがします。こないだは『ウェディングベル』って書いてある軽ワゴンを見かけました。また珍しい名前を付けたな~。

と思いましたが、よく見たら上に『明朗会計』って書いてありました。飲食店だったようです。

以上です。






nice!(1)  コメント(0) 

共生型サービス? [所長の部屋]

現在、厚労省が『共生型サービス』なるサービス体系を構想しています。

いろいろと資料が出ていて(例えばこちら←クリックするとリンクが開きます)、読むとふむふむと思う部分もあるのですが、全体としてピンときません。

長い間障害福祉サービスを利用してきた人が65歳を過ぎても使い慣れたサービスを使い続けて行けるために、いろいろと知恵を絞っているようです。

でも、これって要するに介護保険優先の原則をやめれば済む話なんではないかと思います。

まあ、『だから全部介護保険に統合しちまおう』的な乱暴な話に(とりあえずのところは)なっていないだけましなのかもしれませんが。

それより今夜の雪が気になります。

『我が事・まるごと地域共生社会』っていう言葉のセンス(のなさ)も気になりますが。

nice!(0)  コメント(0)