So-net無料ブログ作成

ゴールデンウィーク [時事]

今年のゴールデンウィークは10連休ですが、しもごうでは4月30日から5月2日までは開所することにしました。

どこに行っても混んでいるゴールデンウィーク、となればやはり読書です。我が家のポーチにロッキングチェアを出して、海を眺めながら本を読む時間、最高です。

というわけでGWに読もうと思ってamazonでポチった本がこちら。

DSC_0092.JPG



『ズレてる支援!』寺本晃久ほか/生活書院
『まともがゆれる』木ノ戸昌幸/朝日出版社
『「当たり前」をひっくり返す』竹端寛/現代書館
『なぜ人と人は支え合うのか』渡辺一史/ちくまプリマ―新書
『知的障害のある人たちと「ことば」』打浪文子/生活書院

長いお休みなので、多少ズレてたりゆれたりひっくり返ったりしてもいいかな。

注;冒頭の読書についての記述はイメージ描写です。我が家にはポーチはありません。オーシャンビューでもありません。ロッキングチェアは実家でほこりをかぶっています


nice!(0)  コメント(0) 

ドキッとしたこと [所長の部屋]

突然ですが、鴻上尚史さんという作家・演出家がいます。
長いこと、わたくしにとっては特に好きとか興味があるとかではなく、有名だから名前は知っているけど作品はよく知らないという存在だったんですが、先日読んだ『不死身の特攻兵』という本がすごく面白くて、ああ、こういう作品を書く人だったんだ、と思いました。

で、その鴻上尚史さんが人生相談をしているウェブサイトがあって、これがまたなかなか良いのですが、その最新の回(→クリックするとリンクが開きます)を読んでドキッとしました。

相談の内容を要約すると、相談者AさんにはBさんという友達がいて、Bさんは家庭環境にも恵まれず、つらいことが多かった。AさんはいつもそんなBさんの話を聞いてあげて、アドバイスをしてあげて、親身に寄り添ってきた。なのに最近Bさんから絶交を言い渡された。なんででしょう。というような感じ。

で、鴻上尚史さんは、その答えのなかで自分がイギリスに留学した時の体験をひいて『無意識の優越感』について触れています。例えば、道に迷っている目の不自由な人に「どうしました?」と話しかける時、僕には無意識の優越感がなかったのか、と。

われわれは『支援者』とか称されていて、障害のある当事者を『支援する』ことで給料をもらっています。そういうわれわれにとっても、この『無意識の優越感』というのは非常に恐ろしいことです。『支援する』という行為(というものが定義可能だと仮定して)は、おせっかいな友人以上に『無意識の優越感』に陥りやすいのだと思います。

学生の実習とか、体験学習とか、そういう機会に“この仕事の難しさや苦労はどんなことですか”という質問を受けることがあります。苦労や難しさなんて枚挙にいとまがないんですが、いちばん苦しいのは『支援者』である自分のなかにも障害者に対する偏見がある、ということに気づかされる、ということです。そのことを、この『無意識の優越感』という言葉は鋭く指摘しています。

当たり前のことですが、われわれ『支援者』は、『支援者』という肩書を手に入れたからといって自分の偏見や差別意識や優越感を自動的に削除できているわけではないのです。むしろ、『支援者』という肩書があるからこそ、自分のメモリのなかにそういう有害なファイルが入り込んでいないか、いつも点検しなければいけないのだと思います。

って、これ書いてよかったのかな。




nice!(0)  コメント(0) 

ことばの意味 [所長の部屋]

桜もそろそろ終わりかな。

しもごうのある横浜市は障害福祉にかける予算がわりあい多くて、国が全国標準で定めている制度の他にも市が単独で要綱を定めている事業がたくさんあります。そのため、『進んでいる』と評されることがしばしばあります。

それはそれでよいことだと思います。最近は市単の事業が縮小傾向にある気がしますが、それはそれとして、福祉職採用であったりケースワーカーの配置であったりっていうのも横浜にあっては普通のことのように感じますが、ほかの自治体にはなかったりします。

でも、他の自治体にあっても先進的な取り組みはあります。あたりまえですが。

戸塚区と境を接するお隣の鎌倉市では、この4月1日に「鎌倉市共生社会の実現を目指す条例」が施行されました。とても先駆的な取り組みだと思います。

で、雑感。

『合理的配慮』の語義を説明する条文のなかに“市民が日常生活又は社会生活を営む上で障壁となるような社会における事物、制度、慣行、観念その他一切のもの”という文章があります。ここを“その他のもの”ではなく“その他一切のもの”としているところに本気を感じます。

共生社会という言葉については“市民一人一人が、お互いを尊重し合い、支え合い、多様性を認め、自らが望む形で社会と関わりを持ち、生涯にわたって安心して自分らしく暮らすことのできる社会”と定義しています。個人的にはここに『ひとりの例外もなく』というニュアンスが込められていたらなおよかったのではないかと感じます。

ほかにも、考えさせられること、感じることがたくさんあります。ウェブでいろいろ検索すると素案とか素案の骨子とかも掘ることができて、その移り変わりをたどってみるのも興味深いです。

共生社会とかインクルーシブとか、最近よく見たり聞いたりします。こういう言葉をよく見聞きすること自体を前進ととらえることもできるし、逆にまだまだそれが実現されていないことの表れだととらえることもできます。ただ、いずれにしても大切なのは、『共生社会』や『インクルーシブ』という言葉が何を意味しているのかっていうのをちゃんと具体的に考えるっていうことだと思います。定義づけるっていうのは一面においてはその定義を線として該当・非該当を分けてしまうという危惧もありますが、その危惧を認識しつつも、ちゃんと中身を吟味していかないと、良い香りだけで味のない料理みたいなことになったり、ヘタすれば共生社会を築くためと称する排除が行われたりしかねないのです。

なんてことをつらつら考えながら条文を読んでいましたが、実は前文がいちばん読み応えあったりします(わたくしがサッカーチームの背番号も自分の車の希望ナンバーも13番にしている理由が書いてあります)。条例はこちら(→クリックするとリンクが開きます)から読めますので、みなさまゼヒ。
nice!(0)  コメント(0) 

今週末の出店情報! [イベント・行事]

今週末はバザーがふたつ。

ひとつめは、4月6日(土)11:00~@戸塚の里

『戸塚の里』はしもごうのすぐ近くで高齢者のデイサービスと訪問介護を運営されている法人が2年ぐらい前に開設した、サロンのような拠点のようなコミュニティカフェのような場所。わたくしも障害理解の勉強会の講師として読んでいただいたことがあります。お時間ある方はゼヒ!

もうひとつは4月7日(日)開催の住友電工の稲荷祭、こちらは基本的に社員のみなさんとご家族向けのイベントです。住友電工とは敷地のプランターのメンテナンスを委託して頂いたり、新入社員の研修の一環としての福祉施設体験を受け入れたりと、よいお付き合いをさせていただいています。

バザーやイベントのお誘いはわりあいたくさんお声掛けいただいています。ありがたいです。売上アップとともに認知度アップの機会として、大切にしてゆきたいと思っています。
nice!(1)  コメント(0) 

お花見 [日常]

きのうみんなでお花見に行ってきました。
ホントはおととい行くつもりだったんですが、あまりに天気が悪いので一日延期しました。
しかし、毎年お花見に行っている熊野神社の桜はまだ五分咲きぐらいで、お花見というよりお花見プレーという感じでした。
でも、やはりみんなで外の風に吹かれるのはなんかいい感じです。

P4020074.JPG


土筆みつけました。
nice!(0)  コメント(0) 

雑感2 [所長の部屋]

最近のニュースで気になったこと。

ニュージーランドで凄惨な事件があって、それ大して対して日本の外務大臣が声明。
『日本は,本日,ニュージーランドのクライストチャーチで残虐なテロ攻撃が行われたことを断固として非難します。亡くなられた方々及び御遺族に対する心からの哀悼の意を表するとともに,負傷者の方々に心からお見舞い申し上げます。
 ニュージーランドが受けた痛みは,我々の痛みでもあります。このような卑劣なテロ攻撃は,いかなる理由でも許されることはありません。ニュージーランドがこの困難な時を乗り越えるにあたり,心からの連帯を表明します』
とのことですが、件の事件はただのテロ攻撃ではなく、特定の宗教およびそれを信仰する人々を狙っている差別犯罪です。差別は許されないと明確に表明してほしかったです。津久井やまゆり園事件の時にも思ったんですけど、単なる規模の問題ではないのです。

イチロー選手の引退記者会見の最後の質疑。
アメリカに行って自分が『外国人』になったことで人の心を慮ったり、人の痛みを想像したりするようになった、と(“今までなかった自分が現れた”と表現しておられました)。
なんと表現してよいのかわかりませんが、刺さりました。

エクセルの山は越えました。

nice!(0)  コメント(0) 

雑感 [所長の部屋]

年度末です。そろそろエクセルに飽きてきました。

今年度はどうだったんだろう、と振り返ったりしています。

しもごう的にどうだった、というのはまた改めて綴る(かもしれない)として、世の中的にはどうだったんでしょうか。

個人的には、『強制不妊手術』をめぐる進展(訴訟、賠償など)と出生前診断ができる医療機関の要件が緩和されるという二つの事象が気になりました。実はやまゆり園事件と同じぐらいに重いニュースなのではないかと感じています。

先入観と思考停止。これと戦っていかないと。

しかしエクセルに飽きました。


nice!(0)  コメント(0) 

3月11日 [時事]

今年も3月11日が巡ってきました。

あの日のこと、忘れないように。

今も終わっていないということも。

振り返り、学び、分かち合うこと。

応援すること。

できることを、していこうと思います。
nice!(0)  コメント(0) 

2月を逃がすな [所長の部屋]

今日は春を思わせる陽気です。

2月は逃げるとよく言いますが、実際の話、2月をどう使うかで3月をどう使えるかが決まってくると思います。で、3月をどう使うかで決まってくるのは…

当然ですが翌年度です。

一年を振り返り、達成と課題を明確にし、改善や新しい企画を考える。これをちゃんとやって、2019年度を実り多いものにするために、2月に逃げてもらっては困るのです。

個々のスタッフに課した振り返りシートは先週金曜が提出期限。
読むのが楽しみです。




nice!(0)  コメント(0) 

移動情報センター推進会議 [所長の部屋]

昨日は戸塚区福祉保健活動拠点フレンズ戸塚で『移動情報センター推進会議』という会議がありました。

移動情報センターは障害がある方の『移動』にまつわる困りごとや支援について総合的に相談を受ける窓口として横浜市が区ごとにひとつ開設している相談機関で、各区の社会福祉協議会が委託されています。

で、移動情報センター推進会議っていうのはその移動情報センターの事業を推進するための会議。メンバー構成は区によって異なるようですが、戸塚区では現在のところ①健康福祉局の担当係長②区役所の高齢・障害支援担当③区役所の子ども・家庭支援担当⓸学校関係(養護/特別支援学校の教員)⑤区社会福祉協議会の事業担当⑥市社会福祉協議会の事業担当⑦基幹相談支援センター⑧生活支援センター⑨その他、という面々。わたくしは⑨枠で出走しております。

推進会議では相談の内容や対応についての報告、事業者との連携、担い手の確保に向けた取り組みなど様々な議題がありますが、個人的には『できたこと』より『できなかった/できないこと』にフォーカスすべきだろうと思っています。移動情報センターによる相談・調整では解決できないニーズや制度の構造的な問題を明らかにして、それを施策展開に反映してこそ『移動支援』を『推進』することになるはずだ、と。かつ、それにあたっては支援者であると同時に事業を運営する者でもあるという自分の立ち位置ならではの見解を述べなければ、参加している意味がないだろう、と。

で、だいたい局の係長に食って掛かる感じになってしまう。別にいちゃもん付けたいわけではないんだけど、なぜか毎回そうなる。

推進会議で毎回話題に上がるのが通学・通所のニーズ。横浜市の移動支援事業は『移動介護』と『通学通所支援』に分かれていて、なぜか後者は報酬単価が安い。前任の係長が“”通学・通所は同じ支援の繰り返しだから難易度が低い”的な説明をしたことがありますが、全く腑に落ちません。教育を受ける権利なんてほんとに人権の基礎の部分(権利を知る権利)なのに、事業者が見つからないから学校に行けないとか言語道断だと思うのです。それに対して行政ができることっていったら報酬単価を引き上げて事業者の参入を促すことぐらいじゃないですか。的なやりとりがもう何年も繰り返されていて、そのたんびに歴代の移動支援係長は“局としても現状は課題だと思っている”ぐらいしか言うことがない。ここで言われたって(しかも⑨その他枠のやつに)、その場で言えるのなんて“がんばります”ぐらいだよな、と思いつつ、やっぱり言ってしまうのです。

ところが。

昨日の会議で係長から“実は通学・通所の単価について移動介護並みにするよう来年度の予算案に盛り込んで市議会に諮っている”との発言。

やった。なんか報われた感じがする。暖簾に腕押し的な感じだったけど、実は暖簾だと思って押してたのがドアだったのか?。

別に戸塚区の推進会議での議論が根拠になったなんて誰も言ってないんだけど(ていうか実際べつに戸塚区の推進会議での議論が根拠になったわけではないんだろうけど)、とにかく言い続けたことが変わりそうっていうのはうれしいです。

しかしこれ書いちゃっていいのかな。





nice!(0)  コメント(0)